Coltグループ、2030年までにグローバル規模で純排出量ゼロの実現にコミット

HomeColt Technology NewsColtグループ、2030年までにグローバル規模で純排出量ゼロの実現にコミット

ロンドン発- Coltテクノロジーサービス株式会社、Coltデータセンターサービス(Colt DCS)を含むColtグループは、2030年までに同グループのすべての事業において、グローバル規模での炭素純排出量ゼロを実現するというコミットメントを発表しました。テクノロジー業界の主要企業として、この取り組みは、新技術や既存技術の開発を通じて、ゼロカーボン経済への移行を加速させるという同グループの野心的な道のりの一部を形成しています。

Coltは、SBTイニシアチブによって承認された科学的根拠に基づく包括的な排出削減目標を設定しました。2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を46%削減し、サプライヤーと緊密に協力してサプライチェーン全体でスコープ3の排出量を大幅に削減することで、2030年までに地球温暖化を2℃よりもはるかに低く抑えることを目指します。この動きは、同グループの将来の事業戦略の中核をなすサステナビリティ戦略と、そのDNAに組み込まれています。

Colt テクノロジーサービス、CEOのケリー・ギルダーは次のように述べています。「この節目に立ち合うことができ、またSBTにコミットできることに喜びを感じています。Coltの目標は明確です。自社の排出量を削減するだけでなく、お客様のサステナビリティへの道のりを支援することで、サステナビリティにおいてのマーケットリーダーになることを目指しています。」

この度設定された中間目標を含む広範囲な目標は、Coltの信頼性と迅速な行動へのコミットメントを示しています。目標には次のことが含まれています。

  • 2023年までに世界の全拠点で75%の再生可能電力を使用する
  • 2025年までにサプライチェーンの排出量の93%を5℃に適合させる
  • 2025年までに38%、2030年までに75%の電気自動車を導入する
  • 2030年までに100%再生可能ガスに切り替える

Coltの気候戦略は事業やサービス全体におけるグループ内の炭素削減に焦点を当てています。これは、グループの気候への影響を測定・開示し、科学的に必要とされていることに沿って炭素排出量を削減することを示しています。グループにおいて削減できない排出量分については、高信頼性カーボンオフセットを通じて削減活動に投資します。

Coltデータセンターサービス、CEOのニコラス・サンフリッドソンは次のように述べています。「当社の事業は地球に大きな影響を与えています。私は、Colt DCSのすべての事業においても、2030年までにグローバル規模での炭素準排出量ゼロ実現の活動開始を発表できることを嬉しく思います。これはほんの始まりに過ぎません。当社のサステナビリティ戦略は、業界大手のハイパースケール顧客にとって当社が最適な主要パートナーであるために続けていきます。過去20年間で業界最大の課題に対応してきた経験からも、パリ協定やグローバル目標を達成するために、今後10年間で野心的な行動を起こすための十分な準備が整っていると確信しています。

当社にとって気候変動対策とは、排出量を正確かつ確実に削減しながらも、長期的な価値を生み出していくことです。そうすることで初めて、気候変動による壊滅的な影響を回避するために必要な世界規模の炭素削減を実現することができるのです。」

Colt について

Coltは、お客様の成功を支援するために当社の企業DNAを活用し、コネクティビティの力を通して世界の仕組みを変えるために尽力しています。Colt IQ Networkは、ヨーロッパ、アジア、北米の大規模なビジネス拠点において、900以上のデータセンターと29,000を越える商用ビルを接続しています。

Coltは今日のコネクティビティニーズの変化を理解しており、顧客企業の成長をサポートするアジャイル、オンデマンド、そしてセキュアな広帯域ネットワークと音声ソリューションを提供しています。データ集約型企業を含む当社のお客様は、30ヶ国、210を超える都市に広がっています。Coltは、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)分野における革新者および先駆者としての評価を受けており、株式非公開企業であるColtは業界でも財政的にもっとも健全な企業のひとつであり、お客様のニーズを常に中核に捉えています。詳細については、www.colt.netをご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
Coltテクノロジーサービス株式会社
Nola Pocock
+447917714377
nola.pocock@colt.net

 

Colt データセンターサービスについて

Colt データセンターサービスは、欧州およびアジアにおいて、ハイパースケールデータセンターとハイブリッドクラウドソリューションの設計、構築、導入、運用管理に関する高品質なサービスを提供しています。最先端技術を用いたキャリアニュートラルなデータセンターの運用で25年の経験を持っています。世界18都市、26か所において24時間365日年中無休でセキュリティと現地言語でのサポート対応を行っています。Colt データセンターサービスの接続性とコロケーションソリューションにより、お客様はデータセンターに対する戦略が将来の需要を満たすのに十分であるかを把握でき、ビジネス成長を効果的に計画することができます。 Colt DCSの詳細はこちらをご覧ください: http://www.coltdcs.jp

Colt DCSに関するお問合せ先:
Coltテクノロジーサービス株式会社
アジアDCS本部、マーケティング担当:明石みき miki.akashi@colt.net

 

Electric car charging station around Crouch End area on London street

Colt Technology Services

16 September 2021

Recent posts

ネットワークが拓く医薬品業界の未来

より”コネクテッド”な医療プロバイダーになるための4つのステップ 新型コロナウイルスの流行がきっかけとなり、医薬品業界は一変しました。製薬各社は新型コロナウイルスに立ち向かいワクチンの開発、治験、そして提供を記録的なスピードで実現し、私たちは医薬品業界がなくてはならないものだということを改めて気づかされました。 今製薬会社は変革期を迎えています。この勢いに乗って変化を推進し、デジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)の取り組みを前進させるチャンスが広がっています。 トランスフォーメーションの本質は、顧客や従業員、あるいは規制当局の期待に応えていくことです。しかし、多くの製薬会社がコラボレーションやイノベーションに適したIT基盤を持っていません。ネットワークの問題の解消をしなければ、システムやアプリケーションの変更も望むようなパフォーマンスは確保できないでしょう。 ...
Continue Reading

Wasabiテクノロジーズ合同会社はAPAC地域における同社最初のデータセンターでColtのインターネット接続サービスを採用

Colt、柔軟性の高いネットワークにより、Wasabiの継続的なグローバル成長をサポート 東京発  – Coltテクノロジーサービス株式会社は、Wasabiテクノロジーズ合同会社(以下Wasabi)のAPAC地域初のデータセンターとなる同社の日本データセンター へネットワークを提供することを発表しました。 ...
Continue Reading

ColtアジアでのCSR活動(2021年9月)

Coltテクノロジーサービス株式会社は、アジアの各事業拠点の地域の皆様への貢献を目指し、CSR活動の一環としてオフィス近隣でのゴミ拾いや非営利団体でのボランティアを実施しました。 日本:弊社オフィス近くで10袋のゴミを回収、YouMeWeと90分のオンライン交流会を実施 シンガポール:海辺で8袋のゴミを回収 香港: ...
Continue Reading