Colt、シカゴと日本取引所グループ間で超低遅延接続サービスを提供

HomeニュースColt、シカゴと日本取引所グループ間で超低遅延接続サービスを提供

Colt、シカゴと日本取引所グループ間で超低遅延接続サービスを提供

JPXの取引所間新サービスがColtの高セキュリティかつ
超低遅延IQネットワークを利用

ColtグループのAPAC部門として法人向け広帯域ネットワークをグローバルで展開するColt テクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCCO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は、株式会社日本取引所グループ(以下「JPX」)の新しい取引所間サービスである「JPX-Chicago Co-Location Direct」向けに東京とシカゴの取引所間でネットワーク接続サービスを提供すると発表しました。本サービスはシカゴの主要取引所が利用するAuroraおよびCermakデータセンターとJPXのデータセンターを専用超低遅延「Colt IQ Network」を利用して接続します。

JPXとColtは長年にわたり提携しており、この度東京証券取引所、シンガポール取引所やその他の大手取引所に加え、シカゴの主要取引所との間で高速デジタル接続を行います。ColtはJPXとシカゴのAuroraおよびCermakデータセンターの既存POP(Point of Presence)を利用することで、すぐにサービス提供が可能です。Coltの国際接続サービスを利用し、JPXは低遅延でサービスを取引参加者に提供できるようになり、全体の流動性が向上します。JPXが採用したシカゴ―東京間ルートは今年初めにネットワーク最適化が図られたルートです。

Coltのキャピタルマーケット担当VPであるアンドリュー・ハウスデン(Andrew Housden)は、次のように述べています。「Coltは20年以上にわたりキャピタルマーケット向けにサービスを提供してきました。我々は市場での成功のため、取引参加者に最適なソリューションを提供するために必要な能力、自信、テクノロジーと実績があります。JPXが世界中の金融機関やトレーダーのミッション・クリティカルなニーズに対応するためにColtのネットワーク接続を採用していただけたことを光栄に思います。」

株式会社東京証券取引所の常務執行役員を務める横山 隆介氏は、次のように述べています。「JPXとColtの長年にわたる提携は、双方だけではなく弊社のプラットフォームを利用して取引を行うすべての市場参加者の利便性向上に寄与してきました。この度、Coltのネットワークを利用したJPX- Chicago Co-Location Directにより、レイテンシーセンシティブなシカゴのユーザーを始め多くの投資家にとって利便性が高まり、日米の金融市場でさらに流動性が向上することを期待しています。今後もColtとのパートナーシップを継続し、投資家の皆様のニーズに応じたサービスを提供するべく努力していく所存です。」

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によって顧客のデジタル・トランスフォーメーションを実現するリーダーです。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の主要都市にて800以上のデータセンターおよび25,000以上の商用ビル群を接続しており、さらに拡大し続けています。

またColtは、これまでカスタマー・ファーストの理念の上でサービスを提供し、多量のデータを扱う企業を中心に、約30ヶ国、200以上の都市に拠点を置くお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的な企業としても広く認知されています。

Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。詳細についてはColtのウエブサイトをご覧ください。www.colt.net/ja

日本取引所グループ(JPX)について
日本取引所グループ(JPX)は、アジアを代表する総合的な金融市場インフラを提供する取引所グループで、その事業領域は現物及び派生商品市場の運営、自主規制機能や清算機能の提供など広範囲に亘っています。アジア最大規模の現物市場である東京証券取引所では、3,500以上の上場銘柄やETF/ETN、REITなどの多様な商品を提供しています。また、大阪取引所では、日経225先物、TOPIX先物、国債先物をはじめとしたデリバティブ商品の取引機会を提供しています。両市場の効率性、安定性及び透明性に加えて、日本取引所自主規制法人が担う自主規制機能と日本証券クリアリング機構における清算機能の発揮により、取引所市場に対する信頼性を確保しています。JPXは、「アジア地域でもっとも選ばれる取引所」を目指して、市場の発展や事業ポートフォリオの多様化を推進しています。
詳細につきましては、JPXウェブサイトをご覧ください。
http://www.jpx.co.jp/

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-4480
E-Mail: asia-press@colt.net

クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:石黒/寒田(そうだ)/宮津
TEL: 03-5404-0640 FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

ダウンロード

IMG_1I5A8995

Colt Technology Services

24 October 2017

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading